薬剤師が活躍する色々な職場レポート

薬剤師には色々な職場があります。これから薬剤師を目指す人のために、それらを具体的にみていきましょう。まず病院に勤務する薬剤師の場合です。仕事の内容は調剤と服薬指導です。本来の調剤とは別に、病院特有の業務として、注射剤の調剤をして病棟に届けるという業務もあります。また服薬指導というのは、入院患者に対して薬の飲み方を説明するわけです。次に薬局に勤務する薬剤師の場合です。いわゆる調剤薬局なので、医者の処方箋に従って薬を患者にだす仕事です。

一番ハードなのは大学病院や大病院の前にある薬局です。患者の数が非常に多いので、てんてこまいの忙しさなのです。また、ドラッグストアに勤務する薬剤師の場合ですが、ここでは薬の販売だけでなく他の商品の販売を手伝わされたり、店内の掃除までやらされることになります。基本的にお客商売をしたことのない人には厳しい職場かもしれません。企業に勤務する薬剤師の場合はどうでしょうか。ここでは研究開発的な仕事が多くて、薬を合成する方法を考えたり、バイオなどで新薬を作ったりします。

また官公庁に勤務する薬剤師もいます。国公立の研究機関や厚生労働省の職員、税関の麻薬検査官などの仕事に就きます。公務員人気が高いので就職するのはかなりの難関なのです。公務員試験に合格しなくてはなれないので、競争率は非常に高いのです。だいたいこれらが薬剤師の勤務先の代表的なものですが、これ以外にも一般企業に就職している薬剤師の人も結構いるのです。というのも、薬学部の求人の中には珍しい仕事があったりするからです。多いのは理科系の製造関係の会社などです。