薬剤師という職業について思いついたことを語る

薬剤師という職業について思いついたことを語ると題しまして、どんどんと書いていきたいと思います。まず、薬剤師という職業は、昔は、簡単になれたみたいですね。特に昔は、大学なんてでなくても、それこそ、山の測量士の人などでもある程度勉強すると薬の調合などをしても良かったそうです。そういえば、富山の薬売りというのも昔は、普通に見ることができたとお年寄りから聞いたことがあります。それが、今は、凄く厳しくなって、その辺のスーパーの薬局でも薬剤師の常駐を義務付けていますよね。

薬剤師という職業について思いついたことを語ると銘打って、たくさん書いていきたいと思います。薬剤師という仕事は、本当に免許さえ持っていれば生き残っていける職業なので、極めて不況に強い職業であるといえると思います。例えば、お医者さんや看護師さんは、朝から深夜まで立ちっぱなしでお仕事をしているということもいそがしい時には、あると思うんですよ。これは、かなり疲れると思うんです。でも、薬剤師というのは、基本的に処方箋室で薬を調合していくだけですので、かなり、体力的に楽な仕事だと思うんですよね。

薬剤師の仕事の探し方

薬剤師が仕事を探す時は、求人情報を遣いますよね。けど、条件の良い求人情報を探し出すのには、骨が折れます。折込チラシやインターネットでは求人情報が溢れてはいるけれど、なかなか自分の要望に合った求人先は見つからないものです。だから、転職を考えていても、諦める人が多いことと思います。そこで考えられる手は、転職業者を遣う方法ですよね。働きながら転職を考えてる人には、ピッタリでしょう。自分の足代わりになってくれますからねえ。

薬剤師の転職では、自分で探した方が良い時もあります。子供を持つ女性の薬剤師なら、幼稚園が近くて、自宅からも近い所で働きたい時などですよ。薬剤師の転職専門業者といっても、総ての求人情報を握ってるとは言い切れないからです。薬剤師業界は、転機が来てます。薬学部の6年生への移行、各ドラッグストアーなどのひとつの変化があります。慢性的な薬剤師不足に、拍車がかかって来ると思われます。ストアー業者の求人数が、激増してるからですよ。

薬剤師が仕事を求める時に遣う、人材紹介会社は、純粋な転職探しならば役にも立ちます。コンサルタントが居て、希望条件を言えば探し出してくれます。この場合、転職先とは雇用関係になりますよ。また、人材派遣会社を遣った場合、労働時間などの自分のペースで仕事がしたい時には、ぴったりでしょうね。雇用先とは、使用関係になるんですよ。そして、求人情報提供サービスを遣うと、インターネット上で、全国の求人情報を公開してます。希望次第ですよ。

薬剤師として医療の現場で働こう

現在の日本は高齢化社会といわれていて、医療の現場で働く人の人材が求められています。薬剤師という職業を、ご存知の方も多いかともいます。薬剤師は病院や薬局などで薬の処方をおこなうことが、メインの仕事です。薬剤師は薬に関する知識を得ていないといけませんし、人の命に関わることもありますのでとてもやりがいを感じることができる仕事ではないかと思います。薬剤師として将来働きたい場合は、薬剤師の資格を取得しなければなりません。

薬剤師として活躍している多くの人々は、各大学の薬学部に進学をしています。薬学部では、将来薬剤師として活躍するための幅広い知識を身につけることができます。そして国家試験に合格すると、晴れて薬剤師として働くことができるのです。薬剤師は、出産後でも職場に復帰して働いている人が多いので長く勤めることができる職業ではないかと思います。薬局ですと、訪れた人とのコミュニケーションが必要になってきます。年齢はばらばらですのでそれぞれの人に、わかりやすいように薬の解説をしなければなりません。

薬剤師の国家試験は、とても難しいといわれています。合格するためには、相当の勉強をしなければなりません。また、薬というものは時代とともに新しい薬がどんどん誕生しているので常に勉強が必要となります。薬剤師という職業は、華やかに見えるかもしれませんがその裏では様々な努力が必要となります。しかし、大変なことばかりではありません。どんな仕事でも大変なことがあり、面白さがあります。是非薬剤師として、活躍してみてはいかがでしょうか。

かかりつけ薬局制度推進のため薬剤師がつくった制度基準薬局

薬剤師の任務は薬剤師法という法律で、「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他の薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と規定されている。薬剤師の仕事は、製薬会社で作られた薬品を病院や薬局を経由して薬の有効性、安全性を確保して、適正な使用を推進するためにに、個々の患者にあわせた服薬指導をすることだという。処方箋薬局で、少しでも不明点がある時は薬剤師さんは丁寧に教えてくれる。

これまで知らなかったのだが、薬剤師がつくった「基準薬局」という制度があるそうである。基準薬局では「かかりつけ薬局」を持つために、患者が薬局選びをするのに目安にするために基準薬局のマークを表示しているという。これまで意識して探したことがなかったので、赤い四角に基準薬局と青文字で記載され、四角の右上に白丸に囲まれた赤十字型の青い十字が表示されたマークは初めて見た。

かかりつけ薬局を持つと、薬の服用の記録を記録してくれて、病院の処方する薬の内容をわかりやすく説明してくれ、薬剤師から服薬指導をいつでも受けられ、一般薬の副作用情報や健康情報も提供してもらえる。何よりも重複投与や、飲み合わせの相互作用による副作用を防ぐことができるというのはメリットだ。それぞれの病院では、その病気にあった薬を出してくれるが、別の病気で別の病院から出された薬が、お互いに他の病気には悪い作用をしてしまうということがあるのである。薬剤師から飲み合わせが悪いことを教えてもらえれば、病院の医師に相談して別の薬に変更してもらうこともできる。

薬剤師の資格をもっていれば

薬剤師の資格をもっていれば、薬局で仕事ができることは言うまでもない。しかし、最近の広告でドラッグストアに薬剤師の方のアルバイト募集なんてものを見た。ドラッグストアにも薬剤師がいなければ販売ができない薬というものもあるので当然なのであるが、時給が破格に高かった。たしかに、その分の責任が重くのしかかるということになるのではあるが、この広告を見るだけでは、美味しいと思ったのは決して私だけではないだろう。

しかし、薬剤師になるには大変なお金がかかるし時間もかかる。大学生くらいの頭であればなんとかこなせるかもしれないが、還暦を迎えるようなお年寄りにとっては、今更勉強することなんて無理だということが容易に想像できる。自分の健康は自分で守るようにすることがベストであるのかもしれないが、なかなかそう簡単にはいかないということが実情だ。薬剤師が家族にいれば、心強いかもしれない。しかし、居ない家庭の方が圧倒的に多い。

薬の飲み合わせによっては、命の危険ということも考えられるために、薬剤師の許可がなければ販売ができないものもある。睡眠薬はいい例だ。眠ることができないから、薬局で睡眠薬をくださいと言っても処方はしてくれない。医師の処方箋がなければ、いくら薬剤師であろうと販売することは法律的にできないのだ。あんた、薬剤師だろとクレームをつけようと犯罪を犯すことはできないことで処方は断固として断られる。それだけ、責任がある職業なのだ。