薬剤師のお仕事情報は全国での検索も可能

薬剤師のお仕事をしている人は主に、街の調剤薬局などで、病院にかかった皆さんの処方された薬を、準備するといった仕事を、よく見かける機会があると思います。薬剤師のお仕事は、薬を扱う仕事になりますので、大学などの薬学部を卒業した人でないと、なる事が出来ません。国内には薬剤師の資格を持っている人が多いのですが、仕事に関しては、意外にも、うまいこと見つからないので、今は、違う仕事をしているという人も多いのです。

せっかく取得した薬剤師の資格を生かさないで終わるのももったいないと思います。ここ最近では求人情報サイトなどでも、薬剤師の資格を持っている人が専門で仕事を探せる求人情報サイトがいくつか出てきているので、このようなサイトで無料登録などをしてお仕事を探すというのも良い方法ではないかと思います。もちろん、薬剤師専用のサイトなので、調剤薬局だけではなく、病院や研究部門、治験関連の薬剤師のお仕事の募集なども見る事が出来ます。

そして、このような薬剤師の専門求人情報サイトの良い所は、全国規模でのお仕事を探すことが可能だということ、地方へのアイターンや、Uターンの人、引越しして引越し先での仕事を探す、といった状況の人などは引越し前から仕事を検索、就職活動もすることが出来るので、便利に利用することが出来ます。他にも、専門サイトということで、非公開求人の案内が来るケースなどもまれにありますので、資格をお持ちの人は登録しておくと損しません。

薬剤師で薬局の人気が上がる

病院に行くと院外から薬をもらいなさいと処方箋をもらいます。その処方箋を街薬局にもって行くわけですがいつも混んでいる薬局があると聞いたので行ってみました。病院から出ると2軒ほど薬局が並んでいます。こちらならとても近くていいなと思ったのですが人気のある薬局は道路を挟んで向こう側でした。遠いと思いましたが評判のいい薬剤師にお会いしてみたくて歩いて向かいました。実は以前近くの薬局で薬をもらったときに嫌な思いをしました。

薬局というものは自分で選べるので一度行ったらそこに行かなくてはならないという決まりはありません。結構歩いていかなくてはならない薬局でも気分よく薬をもらえるのならばいいと思いました。人気のある薬局はお店に入ると従業員みんなが笑顔で挨拶をしてくれてとても元気が感じられました。病気の人にとっては笑顔が何よりもありがたいです。そして声を掛けられるのもうれしいです。自動ドアが開くたびにきちんと挨拶している薬剤師さんはすばらしいと思いました。

薬をもらう番になって薬剤師さんから薬のことで話がありました。副作用のことや普段の生活のことなど親切に話してくれたのでとてもすばらしいと思いました。そこの薬剤師さんは人情あふれる感じでとても熱く説明をしてくれました。前の薬局では何も詳しい説明がなかったので今回はじめての説明です。とてもためになるお話でした。こんな感じで毎回薬がもらえるなら人気ももっと上がると思います。

薬剤師にジェネリック医薬品にするかと聞かれたら

自分が知る限りでは、どこでもそうだというわけではないですが、病院からもらった薬の処方箋を薬局で出すと、薬剤師にジェネリック医薬品にするかどうか聞かれることがあるかもしれません。最近、よく言葉で、聞かれても意味がわからないので答えようがないという人もいると思います。薬というのは、名前が付いていて、メーカーから売られていますよね。たとえば、市販の薬であれば、有名な下痢止めでこの名前の薬はあのメーカーだとすぐに結びつけられると思います。

ところが、大きな薬局に行って棚を改めて見ると、似たような名前で違うメーカーから何種類か出ていることに気がつくでしょう。買ってみればわかりますが、成分もある程度同じで、効能に至ってはまったく同じです。薬というのは、それを最初に製造した会社に独占販売権が与えられます。当然と言えば当然ですよね。人とお金と時間を掛けて薬を開発したわけですから、開発した会社以外が販売することが出来たら、それはかなり変な話です。

ところが、薬というのは、時間が経つと独占販売権が消失して、どの会社でも販売出来るようになるんです。しかも、後から販売する会社は、自社で開発した薬ではなく、開発費などのコストはかかっていないので安く販売することが出来ます。こういう薬をジェネリック医薬品というわけです。つまり、薬剤師にジェネリックにするかと聞かれたら、それは安い方にするかと聞かれていると考えていいです。もし、そういった薬に不安があるようだったら、薬剤師にどこかどう違うのかなど質問してみるといいでしょう。

ホームセンターと薬剤師の関係

細菌では、様々な場所に薬剤師がいます。そこで今回は、意外なところにいる薬剤師について紹介したいと思います。まずは、ホームセンターです。ホームセンターに薬剤師がいても、果たして需要があるのか、と思ってしまいます。しかし実は、薬剤師と深く関係している商品と言うのも、ホームセンターにはあります。それは殺虫関係の商品です。虫を殺すのには、薬剤が必要になります。強い薬剤を使用している商品の場合、薬剤師が必要になります。

例えば、昔の食堂などに今でも吊るしてある、黄色くて細長い箱のようなもの、ご存知でしょうか。あれはハエなどを殺す箱なんです。別に粘着テープではなく、中のシートに殺虫成分が入っているのです。あれを販売するのには薬剤師が必要なのはもちろんですが、購入者の署名が確か必要なはずです。意外にも劇薬なんですね。他にも、くん煙剤があります。殺虫剤の一種で、煙を発生させてその煙によって害虫を死滅させる、というものです。

成分の有無によって、医薬品かそれ以外かに分かれますが、医薬品のほうはやはり薬剤師がいないといけません。また、時折情報番組で取り上げられるエタノールも、薬剤師による販売です。エタノールは、カビの繁殖を抑える効果があり、壁紙やおふろのカビ取り等で使われます。ホームセンターの場合、薬剤師の人数が少ないので、薬剤師がお昼休み、もしくは欠勤の場合はそのコーナーの商品の販売は出来ないことになっています。