薬剤師にジェネリック医薬品にするかと聞かれたら

自分が知る限りでは、どこでもそうだというわけではないですが、病院からもらった薬の処方箋を薬局で出すと、薬剤師にジェネリック医薬品にするかどうか聞かれることがあるかもしれません。最近、よく言葉で、聞かれても意味がわからないので答えようがないという人もいると思います。薬というのは、名前が付いていて、メーカーから売られていますよね。たとえば、市販の薬であれば、有名な下痢止めでこの名前の薬はあのメーカーだとすぐに結びつけられると思います。

ところが、大きな薬局に行って棚を改めて見ると、似たような名前で違うメーカーから何種類か出ていることに気がつくでしょう。買ってみればわかりますが、成分もある程度同じで、効能に至ってはまったく同じです。薬というのは、それを最初に製造した会社に独占販売権が与えられます。当然と言えば当然ですよね。人とお金と時間を掛けて薬を開発したわけですから、開発した会社以外が販売することが出来たら、それはかなり変な話です。

ところが、薬というのは、時間が経つと独占販売権が消失して、どの会社でも販売出来るようになるんです。しかも、後から販売する会社は、自社で開発した薬ではなく、開発費などのコストはかかっていないので安く販売することが出来ます。こういう薬をジェネリック医薬品というわけです。つまり、薬剤師にジェネリックにするかと聞かれたら、それは安い方にするかと聞かれていると考えていいです。もし、そういった薬に不安があるようだったら、薬剤師にどこかどう違うのかなど質問してみるといいでしょう。