薬剤師という職業について思いついたことを語る

薬剤師という職業について思いついたことを語ると題しまして、どんどんと書いていきたいと思います。まず、薬剤師という職業は、昔は、簡単になれたみたいですね。特に昔は、大学なんてでなくても、それこそ、山の測量士の人などでもある程度勉強すると薬の調合などをしても良かったそうです。そういえば、富山の薬売りというのも昔は、普通に見ることができたとお年寄りから聞いたことがあります。それが、今は、凄く厳しくなって、その辺のスーパーの薬局でも薬剤師の常駐を義務付けていますよね。

薬剤師という職業について思いついたことを語ると銘打って、たくさん書いていきたいと思います。薬剤師という仕事は、本当に免許さえ持っていれば生き残っていける職業なので、極めて不況に強い職業であるといえると思います。例えば、お医者さんや看護師さんは、朝から深夜まで立ちっぱなしでお仕事をしているということもいそがしい時には、あると思うんですよ。これは、かなり疲れると思うんです。でも、薬剤師というのは、基本的に処方箋室で薬を調合していくだけですので、かなり、体力的に楽な仕事だと思うんですよね。